オガワ精機株式会社 国内第二営業部 

       

OSK 97NTC 200 全有機炭素測定装置  

 

全有機炭素測定装置

型番:OSK 97NTC 200

OSK 97NTC 200

97NTC200 全有機炭素測定装置は、燃焼酸化NDIR検出方式を採用したタイプで、一般的に水質汚染や下水排水等の高濃度の有機体を検出し、モニタリングするのに適しております。

◎特徴◎

  • 自動漏れチェックシステムにより、操作ミスを回避し、機器のパフォーマンスを向上させ、操作の安全性を確保します。
  • 様々なサンプリング応じた温度設定により、より正確な測定データの取得を可能にし、完全なサンプル分解を保証します。
  • サンプリング量に応じて冷却モジュールの電力を調整します。これにより、乾燥性能が向上し、検出器に乾燥ガスが確実に流入するシステムとなっております。
  • オプションのオートサンプラーを使えば、効率よくさまざまなサンプルをテストする事が可能です。

◎仕様◎

型番型番:OSK 97NTC 200
検出方法燃焼酸化NDIR検出
測定項目TC, TIC, TOC, NPOC
測定モードPC制御
アプリケーション液体
キャリアガス酸素 ≧ 99.995%
測定範囲0-30,000mg/l (ppm)
サンプル温度1-95℃
環境温度10-40℃ ±5 ℃/d
検出限界50μg/l (ppb)
再現性≦3%
最大塩分濃度85g/l
浮遊物質の粒度≦0.2mm
消費電力400W
電源AC 110V ±10%, 50/60Hz 単相
寸法(W×D×H)430 x 455 x 440mm
原産国中国

◎アクセサリー◎

  • パイロライザー(本体内蔵型)、セシウム酸化触媒(40g/袋)(2), 試料容器、廃液容器、燃焼管電源ケーブル取扱説明書

PDFカタログ