オガワ精機株式会社 国内第二営業部 

       

OSK 55DB130 画像記録式石炭・灰溶解試験炉 CAF G5

 

1回のテストで最高12個のサンプルテストが可能 コンピューターによるイメージ収集が可能

型番:OSK 55DB130 

◎特徴◎

  • CAF炉は一回のテストで最高12個のサンプルをテストすることが可能
  • コンピューターによるイメージ収集可能。適切な融合温度が確認されると、コンピューターはすばやく収集されたイメージをチェックし自動的にテスト報告を作成
  • CAF炉は石炭/灰サンプルを制御された大気の中で最高1600゜Cの温度で加熱
  • サンプルの融合を分析の為に視覚的に記録
  • 炉作業管は密閉されており、有害または可燃性ガスを使用したテスト時の安全のため、fail-safe ガス制御システムを装備
  • スライド/回転ドアメカニズムによって、作業管への自由なアクセスができ、道具を使ったサンプルの出し入れがとても簡単
  • 直径の大きな作業管は一度に12個のサンプルまで受け入れることが可能
  • 軽量の断熱材により炉の冷却が速く、一日のうちに多数のテストを行うことが可能
  • 温度上昇速度は、公表されたスタンダードの制限範囲以内での調整が可能
  • 別個となった温度コントローラ-によって独自の過温保護を実施
  •  ISO 540:2008; ASTM D 1857 / D1857M – 04 (2010); DIN 51730:2007-09; DD CEN/TS 15370-1:2006 (バイオマス)、PD CEN/TR 15404:2010 (solid recovered fuels (SRF))に準拠

◎仕様◎

型番OSK 55DB130
モデルCAF G5
最高温度(℃)1600℃
昇温速度7℃/分
管内径(mm)79mm
作業管の素材ムライト(Mullite)製
最大サンプル数8
ヒーター素子シリコンカーバイド製 x 6本
温度コントロールデジタルマルチPID制御
温度精度±3℃(800℃以上の条件下において)
過熱防止デジタル式設定温度型(加熱時、加熱回路遮断)
電源スイッチ半導体リレー式
外形寸法(mm)
W x D x H
505 x765x790mm (ドア厚さを含めると D=970)
電源380V-415V, 50/60Hz, 2相 25A/相又は220V -240V, 50/60Hz, 単相 50A
他の電源の用意もございます。御問い合わせ下さい。
最高消費電力(W)7000W
ガス条件:パージN2またはCO2
ガス条件:酸化O2または大気
ガス条件:還元CO+CO2またはH2+CO2
使用環境湿度80%(31℃)と湿度50%(40℃)の範囲以下
重量(kg)84

◎PDFカタログ ダウンロード◎

画像記録式石炭・灰溶解炉 CAF G5        
       

お問い合わせ

TEL 03-3200-0234

FAX 03-3200-0373

Email osk.domestic2@dune.ocn.ne.jp

または以下のボタンを押してお問い合わせページへお進みください。


お問い合わせ