オガワ精機株式会社 国内第二営業部 

       

OSK 18MN300 偏光ゼーマン原子吸光光度計 MGA-1000

 

革新的ゼーマンバックグラウンド補正機能のグラファイト・ファーナス技術

型番 : OSK 18MN300 

さまざまな用途において、微量元素分析を優れた技術で支えます。

◎鍵となる技術◎

  • ZHFMP (Zeeman High Frequency Modulation Polarization) ゼーマン高周波数変調偏光バックグラウンド補正
  • さまざまな要因(ランプ・電子部品・装置)によって生じる装置のドリフトは、クオシーダブルビーム光学スキームの採用によって効果的に抑制されています。
  • 光度計の性能は、光学ランプのウォームアップ時間をとらなくても、高く安定しています。
  • 重水素ランプによる吸光度を選べない補正に対比し、本ゼーマンバックグラウンド補正はすべての波長域に対応しております。
  • 吸光度補正の必要ない高周波数により、適切な信号出力
  • EDL (Electrodeless Discharge Lamps) 無電極放出ランプ が採用されており、従来より高い強度の出力と、低い検出限界、長い保守可能期間を提供します。
  • Lumex Instruments社の革新的技術と、原子吸光光度計の技術をユニークに結合することにより、可変バックグラウンド吸光度が早い場合など、複雑なマトリクスの試料の場合でさえも、高い精度の分析が行える準備ができております。

◎高い分析性能◎

  • ほとんどの元素に強化された感度および低い検出限界
  • 海水・生物相・食物・土壌・海底堆積物など、複雑なマトリクスの試料をを直接分析が可能で、簡単な試料準備で測定可能です。
  • As および Se の含有量を測定するため、ppb未満の低いレベルでの測定が可能で、水素化物の技術を用いずに実施します。

◎ユーザビリティー◎

  • 便利なプラグ・アンド・メジャー法により、短時間のウォームアップで測定が開始可能です。
  • 使いやすい専門ソフトウェアで、すべての入力済みメソッド・試料・分析パラメータ・結果保存・報告を確認できます。
  • PC制御の6連式ランプは、主要なホローカソードランプ(HCL)や無電極ディスチャージランプ(EDL)に対応します。

◎自動測定機能◎

  • すべてのパラメータと機能が調節・自動制御可能です。
  • 単一の手順で最大6件まで自動で元素を分析できます。
  • さまざまなオプションを搭載可能です。

◎安全性・エルゴノミクス◎

  • スマートな自己安全チェック機能を用意しています。
  • コンパクトなデザイン
  • 可燃性ガスを燃料に使用しません。

◎低ランニングコスド◎

  • 標準のグラファイト管(28mm)として、Massman および L’vov 型が利用可能です。
  • オートサンプラーは標準のプラスチック試験管またはEppendorf型チューブを利用可能です。
  • 試料の濃度に従って、可変容量の試料を注入できる技術により、分析時間と試薬を節約します。

◎保守・サポート◎

  • 装置に対する保障(1年間、複数年間)
  • 用途についてのサポート

◎分析対象・試料の一覧◎

◎アプリケーション・用途の一覧◎

飲料水・自然水・排水     食品・飲料      土壌・堆積物・浚渫土     生物試料・組織      石油・鉱物・石炭      大気浮遊物質

◎仕様◎

モデルMGA-1000
波長範囲185 – 900 nm
ファーナス・アトマイザの最高到達温度3000℃
ファーナスの加熱速度最大 4500K/秒
アルゴンガスの流量(高純度アルゴン)< 1 L/分
電源別途ご相談下さい
チューブ寿命800 加熱サイクル
外寸法800(W) x 475(D) x 310(H) mm
重量50 kg

◎PDFカタログ ダウンロード◎

MGA-1000-1        
       

お問い合わせ

TEL 03-3200-0234

FAX 03-3200-0373

Email osk.domestic2@dune.ocn.ne.jp

または以下のボタンを押してお問い合わせページへお進みください。


お問い合わせ